新着情報

トップページ > ブログ > 2学年の保護者の皆様へ(研究授業)

2学年の保護者の皆様へ(研究授業)

今日は多くの教科で研究授業(教員が自分の授業を他の教員に見てもらう/見せてもらう/他教科の生徒の様子を見る時間)でした。教員それぞれにカラーがあるので、いつも参考になります。他教科の授業でも取り入れられることは多いです。現在、教育実習中の先生たちも、今週に研究授業があります。教員になるための課題や、自分の長所が見つかる時間になったらいいなと思います。生徒たちも、もし研究授業のクラスに選ばれた際には、普段以上に発言したり良い反応を心がけたりしてがんばってほしいです!

さて、今日は「生物の先生あるある」を紹介します。今朝、ある先生から私に話があり、「中庭にスズメが寝ている。もしかしたらお亡くなりになっているのでどうにかしてください」とのことでした。行ってみると確かにスズメさんがお亡くなりになっていました。雨の当たらない中庭の土に埋めると喉が渇きそうだと考えて、少し離れた松の木の下にお墓をつくってあげました。

夜になると、つい先ほどですが、数学のH先生が「玄関にヘビがいるので助けてほしい」とのことでしたので、出動してみるとたしかに玄関に小さな子供のヘビが迷子になっていました。そこでそのヘビを安全地帯に誘導して差し上げました。

生物の教員をしていると、そのほかにも「先生、捨て猫がいます。」「捨て犬がいます。」「スズメバチが教室に入ってきました!」などの相談を受けるのですが、いずれも生物の教員にはどうしたらいいのかわかりかねます。ですが、そうやって頼ってもらえるのは悪い気分ではない(むしろ少し嬉しい…)ので、今後は最善の行動がとれるように勉強していきたいと思います。「生物あるある」でした。

(文責 佐藤慶)

カテゴリ:ブログ 投稿日:2021/06/09