新着情報

トップページ > ブログ > 2学年の保護者の皆様へ(理数科・理数クラス合同LHR)

2学年の保護者の皆様へ(理数科・理数クラス合同LHR)

一昨日は理数科合同LHRがあり、今日は理数クラス合同LHRが行われました。どちらも新入生に対して先輩たちからアドバイスを送る、理数科・理数クラスの縦のつながりの行事です。今日は私は出張で参加できなかったのですが、一昨日の合同LHRには参加できたので、その時の2,3年生の説明を少しだけ、箇条書きで紹介させていただきます。

・部活を目いっぱい頑張っている一方で、英検などの資格にもチャレンジしている。何事にも本気になれるところが理数科の特色だと思う。

・お互いのよいところを認め合えるのが自分のクラスの特色。

・F探究の成果を英語で発表したり、科学の甲子園に参加できたことがとても楽しかった。南高理数科だからできた体験。

・部活のほかに習い事を行っていて、周囲からは勉強との両立がたいへんだねと言われるが、1日は24時間(も)あるので有効に使っている。

・理数科の一番いいところはクラス替えがないところ。二番目にいいところは個性的な人が多いところ(※その一方で、普通クラスのクラス替えをうらやましがっている様子も見受けられるとのことです。)

・1,2年生の今の時期は国数英にしっかり取り組むべき。(今この3教科にしっかり取り組んでおくことで、理科社会の勉強を始めたときに理社の勉強にシフトできる。)

・学園祭の時期は忙しいけれど、「誰かがやってくれるからいいや」ではだめ。

・学園祭の時期は忙しい分、授業をちゃんと受けるべき。

・何事もプライドをもって取り組むべき。

・学校から出された課題を”作業”にしないことが大切。

・文系選択の際に、消去法で選択しないでほしい。将来の明確な目標を持って選んでほしい。

・自分からアクションを起こさなくても教えてもらえるのは高校生まで。

・人生を豊かにする上で必要のない知識はない。(受験に使わない教科も大切なもの。)

・僕らは支えてもらわないと勉強も部活もできない。日々の出来事に感謝の気持ちを。「ありがとう」を伝えよう!

などなど、聞いている私も身につまされるような話や、はっと気づかされるような話もあり、とても有意義な1時間でした。自分の人生を自分の足でしっかり踏みしめて進んでいる様子が伝わってきて、嬉しく思います。

(文責 佐藤慶)

カテゴリ:ブログ 投稿日:2021/04/15