新着情報

トップページ > ブログ > 2学年の保護者の皆様へ(修学旅行について)

2学年の保護者の皆様へ(修学旅行について)

 本日6hの時間帯において、令和2年度修学旅行の実施を断念し、中止とする話をしました。来週には保護者宛の文書を配付する予定ですが、以下はその一部です。
【ここから】
◎修学旅行のアンケート(第7回)の集計結果は中止71.3%(183人)、山梨日帰り28.8%(74人)でした。大勢の生徒・保護者の皆様方が修学旅行に対して不安な気持ちを抱いていることがわかります。現在は、10都府県で緊急事態宣言が3月7日まで継続され、山梨県では10日、新型コロナウイルスの変異ウイルスと強く疑われる事例が県内であったと発表し、最終的な判定のため、国立感染症研究所に検体を送っているとの新聞報道もありました。以上のことから、2学年と管理職で協議の上、非常に残念ながら令和2年度修学旅行を中止とします。高校生活最大の学校行事であり、最も楽しみな学校行事なのでとても残念だと思います。先生も今年度の修学旅行の実現に向けて、最大限の努力をしたつもりですが、思いが叶わずとても残念であり、申し訳ないと感じています。生徒の皆さんは昨年の2月から続くコロナ対応の学校生活のため、学校行事や部活動の大会なども中止になった人が大勢いますね。1年生は入学式もないまま高校生活が6月から始まりました。3年生は最後の大会・部活動がないまま引退となり、不安を抱えながらの受験勉強と大学受験です。いまだコロナ禍は終息する目途が立っていないため、今後の学校生活に不安な思いを抱いている人も大勢いると思いますが、必ず終わりの日が来ると信じましょう。止まない雨はありません、雨の日が何日続いても必ず晴天の日が訪れます。その日が来ることを信じて、目の前のことに真摯な気持ちで取り組みましょう。高校を卒業して、いつの日か自分の力で沖縄の地を訪れ、マリンブルーの空と海、豊かな自然に感動することを願っています。
【ここまで】
★放課後、とても嬉しいことがありました。
二人の生徒が「いろいろとありがとうございました」とお礼を言いに来てくれました。話を聞くと、以前からこの日が来ることを予想し、その日が来たら仲條先生にお礼を言いに行くことを決めていたそうです。生徒の思いやりの気持ちに触れて、とても心が暖かくなりました。ありがとうございます。
 早い時期に答えを決めつけずに、最後まであらゆる可能性を考え、最善の答えを求め続けることが、生徒達の気持ちの切り替えには大切だと考えていましたので、何度もアンケートや話し合いのお願いをしました。そのことに負担を感じていた生徒もいたかと思いますが、大変申し訳なく思います。くれぐれもお家での様子で、何かお気づきの点がありましたらぜひご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

カテゴリ:ブログ 投稿日:2021/02/12