新着情報

トップページ > ブログ > 保護者の皆様へ(3年生最後の授業日 早川教頭最終講義)

保護者の皆様へ(3年生最後の授業日 早川教頭最終講義)

本日は3年生が教科の授業を受ける最後の日となりました。私は昨年が3年所属だったので、つい先日に進路の指導をしたばかりのような記憶で、もう1年たったのかと驚いています。その一方で3年生にとっては長い長い1年だったかもしれません。

今日は3年生の高校最後の授業であったと同時に、早川教頭は今年で定年退職のため、教員人生の最終講義となりました。3年5組の物理の授業で、内容は「中心力を受けて運動する物体の軌道と円錐曲線との関係」に関するものでした。微分積分なども使われており、専門外の教員(私)にとっては非常に難解でしたが、生徒たちは頷きながらしっかり理解できている様子でした。早川先生は自分の教員人生も振り返りながら、わかりやすく授業をされて、ところどころに爆笑も起こる素敵な雰囲気の授業でした。授業の最後には生徒から感謝の気持ちを伝える「漫才(今はやりのミルクボーイのネタです!)」も披露され、生徒も教員も笑い、ほっこりと暖かくなった1時間でした。きっと今日の1時間は生徒たちの記憶にもいつまでも残ることでしょう。

早川教頭は本校のSSHやICT教育の中心となってプロジェクトを進めてきました。ここ数年も「困ったときは早川教頭」というくらい、生徒からも教員からも頼られる存在でした。朝も教員の中で一番早く、7時には出勤して生徒の検温チェックの準備をし、夜もコロナ等の対応で遅くまで働いています。最後の授業が非常にすばらしい時間となり、嬉しい限りです。早川教頭のこんな言葉がありました。「生徒のおかげでやってこれました」

明日から3年生が登校しない日々が始まります。放課後職員室に顔を出した3年生のMさんが「今年はコロナのせいで2月に登校できなくて悔しいです!(来たいのに!)」と言っていました。南高が好きな様子が伝わってきて、嬉しいかぎりです。3年生のみなさんには健康に気を付けて受験に向かってほしいと願います。

(文責 佐藤慶)

スライドを用いた授業

生徒もよく集中しています。

漫才、最高でした!

花束贈呈。お疲れさまでした!

カテゴリ:ブログ 投稿日:2021/01/29